サイドシュー装着上のご注意

2018年8月29日

サイドシュー装着前にご確認ください。

一部の車種でサイドブレーキを多用しているオーナーの車では、バックプレートが歪んでいる場合があります。このような状態では、装着されているサイドシューのコア(ベース)も同じように曲がっている場合が多くあります。

そこへ新品のサイドブレーキを装着すると、曲がった状態で装着され、引きずったり唐突にロックしたり、前進は大丈夫でもバックでロックするといった異常が発生しますので非常に危険です。

このような場合には、サイドブレーキ交換と同時にバックプレートも交換しましょう。

また、ドラムが摩耗している状態で新品のサイドシューを装着するとドラムの変形に対応できずにサイドシューが破損する場合がありますので、装着前に必ず摩耗を確認し、摩耗ある場合にはディスクを交換しましょう。

サイドシューのベディング(当たり付)は低速(~20km/h)でサイドブレーキを強く引かずに擦り合わせるように、また温度を上げないようにしてしっかり当たりを付けてください。

リーディング側だけのあたりや全面あたりしていない状態から強い負荷をかけると、あたっている一部に応力が集中してそこだけが高温になり破損する場合がありますのでご注意ください。

必ず全ての面が十分にあたりがでている事を確認してからスポーツ走行に供用してください。

G-LOCKはロック率が非常に高いコンパウンドで出来ておりますので、バックプレート他への負荷も非常に高いと想定されます。周辺部品の定期的な点検及び交換を必ずおこなってください。

Copyright© 2018 株式会社ブロンコ・バスター All Rights Reserved.

〒369-1211 埼玉県大里郡寄居町赤浜1903
電話:048-577-0606 FAX:048-582-0122